Skip navigation

おこじょめもらんど

ObsidianとVS Code両方でZettelkastenする

ObsidianとVS Code両方でZettelkastenする

Created At
tool
zettelkasten vscode obsidian

最近は資格の勉強に多くの時間を割いており、なかなか自分のやりたいことをできていないのですが、勉強のため+今後のためにセカンドブレインとしてのZettelkastenというメモ術でアウトプットを残してみようと思い立ちました。

Zettelkasten については下記が参考になるかと。

効率的なノートを作成できるドイツの社会学者が生み出した方法「Zettelkasten」とは? - GIGAZINE

今回自分はObsidianを使って note taking しましたが、他にもいろいろな note taking tool があるのでそれはまた別の機会に。

前提としてガチで Zettelkasten を頑張ろうというわけではなく、お試しで触ってみるかというところなのでマイルドなユーザーを対象としている感じです。


目次

先に結論

Zettelkasten をそのまま実践するのは難しく、LYT みたいな考えの整理を取り入れたほうが理解しやすいと思いました。

また、Obsidian であれ VS Code であれやろうと思えばどっちでも管理はできそうだなと思いましたが、メモ管理に対するプラグインの多さで Obsidian を今後も使い続けようと思いました。

Obsidian について

Obsidian自体は結構有名な note taking ツールなので、簡単な特徴とかいいなと思うところを書いておきます。

Foam について

VS Code で Obsidian のように markdown を管理して、情報間のネットワークをいい感じに実現するにはFoamという拡張機能使います。元々 Roam Research にインスパイアされているみたいで、Zettelkasten でキモとなるユニーク ID でのノート管理とかもできるのでほぼ互換で使えるイメージです。

ObsidianとFoam両方でZettelkastenを実践するための設定とか

Zettelkasten については深く言及しませんが、自分の使い方としては FleetingNotes にとにかくメモ書きをためて、ちゃんと作ったら PermanentNotes に移動して永久の知識として残しておき、参考文献などは LiteratureNotes に保存する。くらいの感覚でやっています。

自分のZettelkastenルール

異なるツールを同時に使っていくというところで、多少ルールを設けないとどちらかのツールの制約に引っかかるところもでてくるため、今回は自己流の管理ルールとして下記のものを設定しました。

Obsidian の設定

Obsidian はエディターとして非常に細かく設定ができるので、どのようにすれば VS Code(Foam)と共存して使えるかというところに絞って下記の設定をしています。

設定

プラグイン

Obsidian には基本的な core plugin と便利な community plugin が数多く存在します。core plugin は何を有効にしているかと簡単な設定を紹介します。また、Zettelkasten ルールを実現するのに必要な community plugin は大体下記になります。

Templater で使用する テンプレート

下記のようなテンプレートを用意すれば、新規作成時にカーソルが自動的に title, aliases, header 1 に移動して、すぐに自分で好きなタイトルを付けられるようになります。

Templater で使用するこのようなテンプレートファイルは、TemplaterNotes の中に入れています。

---
title: <% tp.file.cursor(1) %>
aliases: [<% tp.file.cursor(1) %>]
tags: []
id: <% tp.file.creation_date("YYYYMMDDHHmmss") %>
date: <% tp.file.creation_date("YYYY-MM-DD") %>
publish: false
description:
categories: []
---

# <% tp.file.cursor(1) %>

Foam の設定

深く設定しなくてもデフォルトで Obsidian ライクに使える気がします。

Foam で使用するテンプレート

また、foam のテンプレートの設定も Obsidian と同様の frontmatter の設定を使用します。

少し改良して foam で使用できるように修正します。

foam の設定は、.foam/templates の中にテンプレート md を用意することで使えるようになります。

Zettelkasten を実践してみる

Obsidian での Zettelkasten と Foam での Zettelkasten、両方でどうやって連携しながら実践するのか、それぞれの場合について説明します。

Obsidian での Zettelkasten のフロー

普通のメモ

  1. Obsidian を開く
  2. 新規ノート作成
    • 各プラグインにより FleetingNotes にファイル名が日時のノートが作成
    • タイトルが記入された状態で frontmatter のテンプレートが開く
  3. 適当にメモ書きを記載して保存
  4. ある程度まとまった時間ができたら FleetingNotes に残っているメモ書きをしっかり知識として記入
  5. PermanentNotes に移動

デイリーノート

  1. Obsidian を開く
  2. Command palette で Daily Notes を実行
    • プラグインにより DailyNotes に日付のファイル名が作成
    • タイトルが記入された状態で frontmatter のテンプレートが開く
  3. 適当にその日に起こったことを書いて保存
  1. 新しい wikilink を作成する(例: [[new link]])
  2. 新しい wikilink を開く
    • 開くと FleetingNotes にファイル名が日時のノートが作成
    • wikilink で指定した名前がタイトルに記入された状態で frontmatter のテンプレートが開く
  3. 適当に書く
  4. wikilink を作った方のノートでは wikilink がファイル名になっているのでそれを修正する
    • [[20231201120000]] みたいになっているので [[20231201120000|new link]] みたいな感じにする

Foam での Zettelkasten のフロー

普通のメモ

  1. VS Code で Obsidian の Vault を workspace として開く
  2. Command palette から Foam: Create New Note From Template を実行
    • Foam の機能で新規ノート作成時にタイトルを入力する
    • FleetingNotes にファイル名が日時のノートが作成
    • タイトルが記入された状態で frontmatter のテンプレートが開く
  3. あとは Obsidian のフローと同じ

デイリーノート

  1. VS Code で Obsidian の Vault を workspace として開く
  2. Command palette から Foam: Open Daily Note を実行
    • DailyNotes にファイル名が日時のノートが作成
    • タイトルが記入された状態で frontmatter のテンプレートが開く
  3. 適当にその日に起こったことを書いて保存
  1. 新しい wikilink を作成する(例: [[new link]])
  2. 新しい wikilink を mouse hover で Create note from template for "new link" から wikilink のノートを作る
    • 開くと FleetingNotes にファイル名が日時のノートが作成
    • wikilink で指定した名前がタイトルに記入された状態で frontmatter のテンプレートが開く
  3. wikilink を作った方のノートでは wikilink が入力したタイトルになっているのでそれを修正する
    • [[new link]] みたいになっているので [[20231201120000|new link]] みたいな感じにする

Obsidian と Foam どのように使い分けているか

Obsidian は note taking tool、VS Code はエディターとそもそも役割が異なるので、自分はそこが使い分けのポイントだと感じています。

Zettelkasten を実践してみて思ったこと

ということで、Obsidian と VS Code それぞれを使い分けながら Zettelkasten の知識構築を実践してみた感想です。

最後に

Zettelkasten 慣れるまでが大変だなと思いましたが、VS Code よりも今は Obsidian のほうが気軽にメモが取れます。その内やはりエディターということで VS Code のプラグインをゴリゴリ使うために乗り換える可能性はありますが、今は Obsidian で満足しています。